*

お礼状 [出席御礼、会議、協議会、意見交換会等] ★

お礼状の文例です。 お礼状はいくつか掲載しておりますが、今回の様式については、協議会や意見交換会の際の礼状として、よく使用しているものなので、アーカイブ的に掲載します。 毎回記載していますが、礼状はもっとも気をつかう文書のうちのひとつですよね。 なので、参考例文(参考文例)は多いほどよいですよね。 ・・・ということで。参考例文です(´・ω・`)↓ kanrenbunsho-kumamon-hinaga

参照:カテゴリー「礼状・お礼状」に収納している その他の文書もご参考ください(*´ω`)♪

内容

内容は見てのとおりですが。主催会議について、ご出席いただいた御礼ですね。 出席していただいたおかげで有意義な会となったことを述べるだけでなく、形式的な会議というよりは何かを決めなければならない実務的な会議ということで、その後のつながりも重視したものですね。

用途

主催した会議、協議会、意見交換会等の出席御礼。外部会議を多く設定される事務職員さんは使用する機会の多い様式だと思います(わたしもかなり多いです^^;) 様式も少し変えるだけでずいぶんと印象も変わるものです。マンネリ化しないように、バラエティにとんだ、たくさんの様式を準備しておきたいものです。
s-reibun_oreijo_kouchikai1402
 

kumamon_banner-140920

 ⇒ちょっと違う?と感じたら・・・ 「お礼」のタグのある他文書もご参照ください(*´ω`)

広告です(´・ω・`)

この雛形に記載されている、主な内容・本文です

(会合へのご出席に対する)お礼状

 謹啓 ●●の侯、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。  平素より●●の運営にあたりましては格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。  過日開催いたしました●●●●●●●●●●●●●●会議におきましては、公務ご多忙の中、ご出席を賜り誠にありがとうございました。当日は活発な意見交換をすることができ、各位のお蔭をもちまして大変有意義な会となりましたことを感謝申し上げます。  なお、会議の席においてもご依頼申し上げましたが、今後の●●●●●実現のためにも●●●●●●●●●●●●●は不可欠であると考えております。引き続き、さまざまなご提言を賜りますようお願い申し上げます。   また、当日の会議記録を作成いたしましたので、ご参考までにご高覧賜りますようお願い申し上げます。  各位より賜りました貴重なご意見を参考にさせていただき、今後の活動に活かして参りたいと存じますので、引き続きのご指導ご鞭燵を賜りますようお願い申し上げます。

謹白

 

この文書データファイルはこちらです

docDL-4
ダウンロードは↑のバナー画像からどうぞ。クリックするとダウンロードが始まります。

  ※個人でご使用いただく分にはアレンジしていただいて一向に構いません。 が、こんなものでも2次配布(加工するしないかかわらず)は困りますのでよろしくです(´・ω・`) ※ファイルによってはロックがかかっている場合もありますが、ご一報いただけましたら解除します。  

関連記事

お礼状 [礼状、役員任期満了、退任、退職]

お礼状(お礼文)の文例です。 今回のものは、役員の任期満了に伴うお礼状で、とてもシンプルな文例で

記事を読む

お礼状 [礼状、お歳暮・お中元、返礼] 

お中元・お歳暮をいただいた際のお礼状です。 心のこもった贈り物をいただいたのですから、速やかに返礼

記事を読む

お礼状 [礼状、資料提供に対する御礼] 

お礼状の文例(例文)です。 今回の文例は、ある資料を作成する際に、同業他団体の状況を参考にする必要

記事を読む

お礼状 [出席御礼、支援御礼、会議・懇談会・パーティ等、はがき] 

お礼状の文例です。 このお礼状(例文)は、先日、ある政治家から届いたものです。オーソドックスなもの

記事を読む

お礼状 [礼状、選挙・当選御礼、選挙事務所、候補者本人の場合] 

お礼状(お礼文)の文例です。 今回のものは、先月の投開票が行われた統一地方選挙の際の当選者からのお

記事を読む

礼状[お礼状、恵送御礼、写真、提供御礼] 

ビジネスというよりもプライベート、人と人のつながりを大切にしたい場合のお礼状です。 その場合、仕事

記事を読む

お礼状 [礼状、懇談会、出席御礼] 

シンプルなお礼状です。雛形は、議員さんとの懇談会を開催した際のお礼状として使用したものですが、どのよ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • ↑ウェブ内の検索バーです(*´ω`) follow us in feedly
  • 300_211 160401バナー案
PAGE TOP ↑