お礼状 [出席御礼、支援御礼、会議・懇談会・パーティ等、はがき] 

お礼状の文例です。 このお礼状(例文)は、先日、ある政治家から届いたものです。オーソドックスなものでありながら、とても好感のもてる文面であり文体だったので、固有名詞を伏せたところでご紹介します。 お礼状の文例は、これまでもいくつかアップしているところですが、ほかの文書様式以上にとても大切な役割を担うものだと思いますので併せて礼状文例のアーカイブとしたいと思います。

内容

内容は、ある政治家の勉強会が開催された際、その会合の仲介役の政治家さんからの、当方に対する出席、あるいはチケットの購入に対するお礼で、出席者、欠席者の双方に配慮し、現況報告や今後の展望についても丁寧に記されています。

用途

政治家からのものということで、内容は少し特殊ではありますが、内容はともかく、形態や文書スタイルについては、一般社会におけるお礼状としても十分に参考になると思います。文体については、ちょっと暑苦しかったり、丁寧すぎるくだりもありますが、主催者側からのお礼状としてはこれくらいがちょうどよいように思います。 主催した会議、大会等の出席御礼、協賛や後援御礼等にも同じスタイルで参考にできそうです。     
s-reibun_oreijo_kouchikai1402
   

お礼状 [出席御礼、支援御礼、政治家、社外文書]

この雛形に記載されている、主な内容・本文

御 礼  この度は、○○○○研究会による「○○○会と語る会」へのご理解とご協力を賜り、誠にありがとうございました。  お蔭さまで盛会の裡に会を終えることができましたこと、私ども一同衷心より感謝申し上げる次第でございます。  ご来駕を賜りました皆様には、何かと行き届かない点があったかと存じますが、何卒ご容赦賜りますようお願い申し上げます。  ○○党は、昨年夏の参議院議員選挙において勝利させていただき、長年のねじれを解消することができました。これも、野党時代を含め長年お支えいただきました皆様方のお蔭であると確信しております。いよいよ自由民主党の真価が問われる時でありますが、今こそ我が○○○○研究会が党内外に対して健全な姿を示し、国民と国家に必要な多様性を求め、日本再生への原動力とならねばと自覚しております。  我が国を取り巻く環境はめまぐるしいものがあります。憲法、教育、国と地方のあり方を含めた統治機構、そして外交と、いずれも国家戦略に絡む課題として山積しております。  その中でも、喫緊の課題であります東日本大震災の復旧、復興対策、原発事故収束への対応に全力をあげて取り組み、一方、原発再稼働の問題はエネルギー問題の将来として、「国のかたち」すなわち国家戦略を明示しなければなりません。 さらに、日本経済と外交を建て直し、国民生活の安定、そして何よりも政治への信頼の回復の実現のために全力を傾注して参ります。  今後とも何卒ご指導、ご鞭健を賜りますよう宜しくお願い申し上げますとともに、皆様のますますのご発展をお祈り申し上げまして、略式ながら御礼のご挨拶とさせていただきます。   平成26年4月○○日         参議院議員 ○○○○ 」        

この文書データファイルはこちらです

docDL-4
ダウンロードは↑のバナー画像からどうぞ。クリックするとダウンロードが始まります。

  ※個人でご使用いただく分にはアレンジしていただいて一向に構いません。 が、こんなものでも2次配布(加工するしないかかわらず)は困りますのでよろしくです(´・ω・`) ※ファイルによってはロックがかかっている場合もありますが、ご一報いただけましたら解除します。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。